イメージ画像

メル友から恋愛対象に昇格しそうなメール

ふとした時に、さりげないメールってうれしくないですか。

恋愛対象に昇格しそうなメールというのは、そういったところがポイントになったりします。
一日失敗続きで、うまいこといかないなと落ちこんでいるときに心配してくれるメールを送ってきてくれてると、また明日も頑張ろうと思いますよね。
気遣ってくれる優しさが伝わるメールというのは、こちらも優しい気持ちになるのでいいですよね。

逆に、こちらから気になる異性やメル友などにメールを送る時も優しさが伝わるメールを送ることが大事です。特に、落ちこんでいる時というのは、愚痴っぽくなりがちです。そういったことを寛容に聞いてあげる
姿勢というのはメールでも必要です。
相手が愚痴っぽくなったり、相談してくるということは自分に対して気を許している証拠です。
しかし、気を許してくれているからと思って深入りをして詳しい理由などは聞かない方が良いです。
やはり、相手のメル友も言いにくいことだってあるでしょう。そこで無理からに聞かれると
許していた心が閉じていってしまいます。

逆に自分も相手に対して気を許しているんだというサインを送ることも必要です。
たまに長文を送るであるとか、相手の手をわずらわせないように相手が質問する前に近況などを書いておくなど、そうすると相手も自分に気を許していてくれるんじゃないだろうかと思います。

 

メールって思いがけない時に、気がつけば来ているってことありませんか。
そんな時に友人や同僚から、メル友からのメールだと、それだけで嬉しかったりします。
定期的に送ってきてくれるメールならなおさらです。内容は何でも良いんです。
「最近元気?」など他愛もない話題で相手のごきげんを窺うようにして、相手の現状や心境を聞いて、
メル友の性格が大体分かっているのであれば、その性格に合わせてこう答えれば嬉しいだろうというのを
考えて送ってあげれば、メル友も自分のことを分かってくれているんだと嬉しく思うでしょう。
メル友の性格が分からない時であれば、自分に送ってきてくれたら嬉しいだろうなというメールを
送ってあげると良いんじゃないでしょうか。相手の立場にたって、相手が嬉しいだろうなと
思うことをしてあげれば良いんでしょう。

 

メールを交わしていくうちに相手の好みや趣味などを聞き出すというのも、恋愛対象に昇格するメールのひとつの手法です。まずは相手を知ること、知ろうとすることが相手の心をくすぶることになるんです。
メールのやりとりの中で、相手は何気なく好みを伝えたつもりになっていて、送ったことに関してあまり深く覚えていません。そこで、その何気なく言った好みを覚えていると結構、高ポイントになります。
話の中で「そういえば、○○好きって言っていたもんね」とか、「昨日、△△ちゃんが好きって言ってた○○見てきたよ」など、話題のひとつとして振ってみると相手のメル友は私のことに興味を持ってひとつひとつ、きちんと考えてメールを送ってくれているんだと思うでしょう。
そうすると、相手もあなたのことを知ろうとしてくれてやりとりが続きます。
また、先ほどの例のように「昨日、△△ちゃんが...」というように名前で呼びかけてあげるのも良いです。
その方が相手のメル友が話に入り込みやすくなり、話に夢中になってくるかもしれません。

また、用事がない限り返信じゃ早い方が良いです。相手を待たせると醒めさせてしまう恐れがあるからです。相手がメールしたいというモードに入っているのに、一旦途切れると気持ちも途切れかねないですよ。
しかし、メールが続いて3日以上やりとりをしていたなら、それは相手を虜にしたも当然でしょう。
メル友から恋愛対象に昇格している可能性は高いです。メールから恋愛対象へと発展する手段というのは、そう難しいことはありません。実際に上記のことを、マニュアルのようにそのままやってみても上手くいくくらい容易いものです。ぜひ、やってみてください。

このページの先頭へ